忍者ブログ

大将のひとりごと

岐阜県岐阜市の出前すし専門店 あっと鮨 です。 ここでは、ホームページ内ではご紹介し切れない おすしの話や、大将の日常を、綴って参ります。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

七夕

今日(7月7日)は、七夕 

とはいえ、何も特別な事は無かった我が家です。

娘が、小さい頃は短冊に願い事を書いたり、

笹を飾ったりしたものですが、、、

そもそも、この辺りでは、七夕を旧暦で祝う習慣がある

そうで、梅雨で雨の多いこの季節では、

その意味合いから見ても無理があるようです。

 
  ~七夕伝説~

七夕の星祭りの、天界に繰り広げられる物語は、

中国に古くから伝わっている伝説です。

 むかし、天の帝に織女(しょくじょ)という一人の美しい娘
がおりました。技芸にすぐれ、毎日、機(はた)を織って
暮らしていました。

 そのうち、農耕に一生懸命な牽牛(けんぎゅう)と結婚し、
二人は夫婦になりました。ところが、それからというもの
織女は、あれほど熱心だった機織りをやめてしまったのです。
父の天帝は怒って牽牛を織女から引き離し、銀河のかなたに
追放してしまいました。しかし、悲しみにくれる織女を見かねた
天帝は、年に一度、七月七日だけ逢うことをゆるしたのです。

 以来、牽牛は七月七日が来ると、銀河を渡って織女に逢い
に来ました。その日が雨のため、水が増して銀河を渡れないと、
鵲(かささぎ)が群れ集まって翼を広げ、橋となって渡してくれました。
織女は琴座の「ベガ」、牽牛は鷲座の「アルタイル」という星で、
この二つの星が、年に一度、七月七日の夜に近づくところから、
この伝説が生まれました。

 
 この伝説に出でくる七月七日というのは、もちろん旧暦をさします。

つまり、ベガ(織姫)とアルタイル(ひこ星)が、会えるのは、

今年で言うと、8月26日なのです。

 こう言ってしまうと夢が無くなってしまうかも知れませんが、

星がきれいに見えるのは、旧暦の七月七日 かな?


 今日は、厚い雲に覆われて星を見る事はできませんでした。

ひょっとするとこっそりデートしてたりして、、、、





 

 

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[05/18 ゆみ]
[01/14 mi]
[09/30 大将]
[09/29 とし]
[05/06 大将]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
大将
HP:
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

カウンター

Copyright ©  -- 大将のひとりごと --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]