忍者ブログ

大将のひとりごと

岐阜県岐阜市の出前すし専門店 あっと鮨 です。 ここでは、ホームページ内ではご紹介し切れない おすしの話や、大将の日常を、綴って参ります。

   
カテゴリー「アメリカの話」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アメリカでのすし

 アメリカのすし店は、

他民族国家という性質上、顧客のターゲット

により大きくお店の雰囲気が異なります。

つまり、日本人を多くの客層に持つ大都市の

すし店では、ほとんど日本のすし店と変わりない

おすしが味わえますし、日本人の少ない田舎町の

すし店では、それこそベトナム人や、中国人が

すしを握るお店も少なくありません。

そういったお店では『これってすし?』

と言いたくなる様なものもたくさんあります。

因みに私が勤めていたお店は、

オーナーは台湾人でしたが、

日本食を任されていたのは、私をはじめ

日本人ばかりでした。

 お米は、錦米といわれる米で、

日本の米とほとんど変わりなく、おいしいお米でした。

ちょうど当店が使っている”はつしも”によく似た

つぶの大き目のお米です。

ねたは、アメリカにもおいしい魚はたくさんあります。

まぐろ、サーモン、かんぱち、グルーパー(白身魚)、、

などは、生で新鮮なものが手に入りました。

しかし、はまち、あなご、うなぎ、のり、かんぴょう

わさびなどは、日本からの輸入が頼りです。

もともと、生魚を食べる習慣のない欧米人ですが、

このところのヘルシーブームで、すしは大人気でした。

 わたしたち日本人には、固定観念というものが

根強くあると思いますが、アメリカ人にはそれがありません。

それぞれ、思い思いにすしを楽しんでいるようでした。

たとえば、わさびのツーンとくる感覚が好きな人は、

わさびに少量の醤油を混ぜ、緑色したわさび醤油を

つけて食べます。ポン酢をつけて食べる人、

マヨネーズや、ケチャップをつけて食べる人。

『それはないやろ~』と思うようなことを平気で

やってのけます。

そんな中で、教えられる事もたくさんありました。

当店の変わり巻なども、そんな一例です。

今では、回転すしさんなどでも当たり前のようにならぶ

揚げ物を使った巻物や、アボカドを使ったすし

シャリが外側になった巻すし。これらは、欧米からの

逆輸入すしです。

 ”すし”という食文化は、

もはや日本人だけのものではありません。

世界中どこへ行ってもすしを口にする事が出来ます。

しかし、その形はかならずしも私たちが思い描く

すしの形ではないかもしれません。

現代のすしの基本が、酢飯に在るのならば

その広がりは、想像を超えていく事でしょう。

そんなすしの可能性に、

これからも挑戦し続けたいと思います。











PR

アメリカでの仕事 

 今から20年も前の話ですが、

この出来事が無かったら今の私もお店も

存在しないと思うのでお話します。

よろしかったら、お付き合いください。


 私が、アメリカのフロリダ州へ渡ったのは、

1988年(昭和63年)5月

ちょうど、ぎふ中部未来博が行われていた年です。

当時の私は、まだ25歳の怖いもの知らずでした。

私にアメリカでの仕事を紹介してくれた友人夫妻と

私、そして当時の妻の4人で出国しました。

 アメリカでの仕事と言っても、就労ビザも無く、

観光ビザで入国してオーバーステイ(不法滞在)する

といった強引なやりかたでした。

英語が話せるわけでもなく、仕事先のお店の

情報も無く、ただ”仕事がある”というだけで

アメリカへ向かいました。

 アメリカでの私たちの受け入れ先のオーナーは

台湾人で、しばらくの間そのオーナーの自宅で

お世話になっていたのですが、

アメリカに居るはずなのに聞こえてくる言語は

中国語ばかり、、、

『これは、とんでもないところに来てしまった。』

と言うのが、最初の印象でした。

やがて仕事先が決まり、

フロリダ州の州都タラハッシーという町にある

『LUCY HO'S』 というお店の本店で働く事となりました。

 英語の話せない私は、すしの仕事には付けず、

キッチンの仕事を任されました。

もともと、和食割烹料理店で修行した経験があるので

てんぷら、てりやき、鍋料理といった裏仕事には

慣れてはいましたが、やっぱり表に立つ仕事がしたい、、

それには、英語が話せないとおはなしになりません。

私は、アメリカ人の友人を作り、日本語を封印

英語だけの生活を心がけました。

そして1年、少しアメリカ人との会話が

出来るようになっていました。

 最初の表舞台は、鉄板焼

アメリカで鉄板焼といえば 『紅花』

が有名ですよね!

そう、包丁をくるくる回したり、パフォーマンスをするんです。

つたない英語と日本人特有の器用さを活かした

パフォーマンスでお客さんは、大喜びでした。

そして、3年が過ぎた頃

やっと『すしバー』に立つことが出来たのです。

すしのカウンターは、鉄板焼と違いごまかしが

利きません。

ちゃんとお客様とお話が出来ないと

仕事にならないのです。

日本のすしカウンターのように、

すしバーへ来るお客のほとんどが板前との

会話を楽しみにしてくるのです。

すしバーには、いろんなお客様がみえます。

フロリダ州の州知事、アメリカンフットボールの

スター選手、日本人のプロゴルファー

(岡本綾子、小林ひろみ、服部みちこ)選手なども

おみえになりました。

 この岐阜の片いなかで尚且つ出前専門といった

現在の私の商いでは、

到底縁の無いような有名人をお相手できたのは、

私の中での宝の一つです。


                       次回 アメリカでのすし





























アメリカの友人

 今日は、アメリカで働いていた時の

友人を紹介したいと思います。

彼の名前は、Tony Clark(トニー  クラーク)

今から20年ほど前の話になってしまいますが、

私が働いていたSushi Barで働いていました。

当時、彼はフロリダ州立大学の学生で、

日本の文化や、音楽に興味があって

尺八が上手でした。

その後、母国ドイツへ帰り、音楽活動をしている

と聞いていたので、

先日、MySpaceで調べてみたんですが、、、

やっていました。

現役バリバリのミュージシャンでした。

よかったら見てやってください。

http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendid=156779761

彼が演奏する尺八、日本の音楽はこちらで聴けます。

http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewProfile&friendID=222286237

 今では、時々メールのやりとりをする程度の

付き合いですが、遠い国でがんばっている

友人を陰ながら応援したいと思います。








Google earth


 皆さんは、Google earth って知ってますよね!?

大将は最近知ったんですが、、、はまってます!!

 以前アメリカに住んでいたというお話をしたと思いますが、

簡単に行けてしまうんです。

 フロリダ州の、タラハッシーという町に住んでいたのですが、

飛行機で、乗換えなどを含めると、20時間ほどかかるんです。

それがなんと指一本、1,2秒ほどで、現在(liveではないけど)の

状況が、見ることができるんです。

 すげ~なこれ~!! 感動でした。

それで、今日も懐かしい町を散策していたわけですが、

当時の友人がやっているすし店のホームページを

見つけたので、よかったら見てやってください。
http://www.kitchorestaurant.com/Kitcho/index.htm
  
 フロリダと聞くときっとマイアミだとか、海や、温暖な気候を

連想されるかもしれませんが、私が住んでいた町は、

ジョージア州に近い、内陸よりに位置していて、ビーチへ行くには、

車で、1時間ほどかかりました。

よかったら google earth で、探してみてください。

 因みに私が勤めていたお店は、現在存在しませんが、

その建物は今でも存在するようです。”king buffet”

という名前になっていました。

   ( ビジネスを検索→キーワードking buffet→場所florida tallahassee 
   で出てきますよ! )
   

  
















 

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新コメント

[05/18 ゆみ]
[01/14 mi]
[09/30 大将]
[09/29 とし]
[05/06 大将]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
大将
HP:
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

カウンター

Copyright ©  -- 大将のひとりごと --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]